線虫がん検査で「陽性」と判断されたら? – 精度や精密検査の詳細を医師が解説

最終更新日:2022/04/15

アイキャッチ画像作成:吉田一美

この記事を書いた人

上松 正和

Masakazu Uematsu

医師・放射線治療専門医

東京大学病院放射線科所属。1987年生まれ。九州大学卒業後、東北での初期研修・救急科研修を経て、国立がん研究センター中央病院放射線治療科で勤務後、現職に至る。 「自分が担当した乳がん患者さんが、詐欺医療に引っかかって病状を悪化させたことを契機に、詐欺医療に引っかからないための情報を発信しています。」

がん検診というものは面倒なものです。がんは基本的に全ての臓器から発生し得る病気ですので、理論的には、がんをどうしても見つけたい場合には人の身体にある全ての臓器を調べる必要があります。それぞれ内視鏡やCT、MRI、エコー、生検と呼ばれる検査をしながら、くまなく探すことになります。少しでも見つけやすくするために、せめて罹患数や死亡数が多いもの、つまり患者さんの年齢や性別、喫煙歴などの生活に関する情報から「ありそうな」ものに絞って検査をすることになります。検査を受けられる患者さんはもちろん、関係する医師や看護師、検査技師さんにとっての負荷も大きい検査です。

「全身を一回で調べるがん検査」は難しい

現状、全身を一気に簡潔に見られる検査としてはPET(Positron Emission Tomography)やDWIBS(Diffusion-weighted Whole Body Imaging with Background Body Signal Suppression)と呼ばれる検査がありますが、こういった検査はどちらかというと進行したがんや転移を見つけるのに行われることが多く、初期のがんの検出能力が内視鏡などより低いことが知られています。加えて、検査の価格が高価であることから、がんがあるかどうかわからない方に毎年のチェックとして用いる検査としては適切ではないと考えられています。

近年話題の「簡単な」全身がん検査とは?

最近、尿を提出するだけで多くのがんを見つけることのできる「線虫がん検査」について患者さんから質問を受けることがよくあります。費用もたった1万2500円で、尿を提出すれば15種類のがんが初期でもわかるというメッセージが強調されているようです。最近ではTVCMも放送されているため、その存在をご存じの方も多いのではないでしょうか。この検査は、販売元から公表されている実績データの信ぴょう性にも疑問が残るとメディア等でも取り上げられていますが、それを抜きにしても(公表されたデータを信じたとしても)この検査には大きな問題が2点あります。

 線虫がん検査の問題点とは

線虫がん検査で陽性と判定されても①:「部位が特定できない」

「どこかにがんがあります」というのは想像以上に厄介です。先述のPET検査では画像上でがんの部位が光るので、「ここは怪しいな」ということで、さらに精度の高い内視鏡や生検検査で確かめることができます。しかし、この尿検査ではそれができません。

それでは線虫がん検査で陽性になったらどうすれば良いのでしょう。この検査会社のホームページを見るとP E T検査の推奨がなされていますが、私はこの組み合わせは良くないと考えています。この尿検査は「初期のがん」に反応し、P E T検査は「進行したがん」に反応するからです。がんのスクリーニングの特性上、この線虫がん検査は毎年、あるいは半年に一度検査をすることを想定しているのだと思いますが、初期の段階で尿検査が「がん疑い」を検出しても、PET検査では見つけることが難しいため、お金と時間をかけた挙句「どこかにがんがあるかも」という不安だけを抱えてしまうことになります。結局、あらゆる内視鏡検査や画像検査を受ける必要があるということになってします。

それぞれの検査ごとに身体にストレスと負荷がかかるのに加えて、CT検査による被ばくや、造影剤といった撮影用の薬剤が腎臓などの臓器にダメージを少なからず与えることが知られています。

線虫がん検査で陽性と判定されても②:「スクリーニングにしては精度が悪い」

この線虫検査会社は検査の精度を公表しています。感度86.3%と特異度90.8%です。詳しくは下記記事で解説していますが、この確率だとおおよそ「陽性と出た人の8.6%しか本物のがん患者さんはいない」ことになります。

前述のように不安に陥れられるだけの人が続出します。今や、国民の2人に1人が一生の間にがんを患うと言われる世の中でこの的中率では、街の占いで「がんが見えます」と言われたのより確率は低いのではないでしょうか。また、この検査は「陰性になったらもうがん検査を受けなくて良い」と判断するにも微妙なラインです。がんを持っている人の14%程度が「陰性」と判断されて見逃されることになります。

結論: 線虫がん検査は「健康のための投資」とは考えにくい

結局、この尿線虫がん検査ではお金をどぶに捨てる以上に、不安を買うだけに終わることが多いので、定期的に通常のがん検診を受けるようにしましょう。国や保険機関がサポートしているがん検診は、科学的に妥当性の示されたものに限定されています。逆に言えば、それ以外のがんの検診や、がん検査と謳われているものはその効果や精度に疑問が残るものということになります。是非ご判断の参考にしていただければと思います。

SNSでのシェアにご協力をお願いいたします